くらしと産業の水を科学する
ショーワの調査・研究事業液側分析素材分析

ショーワの調査・研究事業

ショーワでは、銅・鉄・SUS・アルミ熱交換器等の異物・異状の素材分析を行っています。
FT-IR
FT-IR(フーリエ変換赤外分光光度計)
EPMA
EPMA(電子プローブマイクロアナライザ)
EPMA 電子プローブマイクロアナライザ

EPMAとは

試料表面に電子線を照射し発生する特性X線、二次電子(SEM)および反射電子(BSE)を測定することにより、試料の構成元素の種類や分布状況を多角的に調査する
装置です。
EPMAイメージ

特性X線の検出

特性X線の検出入射電子が試料内原子の軌道電子を弾き飛ばし、その空孔に外側の殻から電子が落ち込みます。

外側の電子が持っているエネルギーの方が軌道電子のエネルギーよりも大きいため、余剰のエネルギーをX線として放出します。

EPMAは特性X線を検出することにより、元素分析に利用します。特性X線の波長と試料の原子番号との間にある関係により、定性分析・定量分析を行います。

FT-IR フーリエ変換赤外分光光度計

FT-IRとは

FT-IRは波長を変化させて試料に赤外線を照射するの
ではなく、連続光を試料に照射し、干渉パターンをフー
リエ変換することで分子構造に応じた吸収スペクトル
を取得し、物質中の原子団(基)の情報を得る手法です。

EPMA状態分析においてC、N、O、Fなどの元素分析は
判別できますが、FT-IRは化合状態の判定推定に役立ち
ます。

FT-IRの特長

測定時間の短縮
高感度の分析
波数精度、波数再現性の向上
スペクトル解析および自動測定が可能
EPMAで元素それぞれの分析を行い、 FT-IRで結合状態を知ることができます。
分析事例表面分析

異物の顕微鏡観察

家庭用暖房設備銅配管
家庭用暖房設備銅配管

ライン分析

ライン分析1
断面分析
断面分析
ライン分析2

EPMA定性分析

銅管の内面観察結果
銅管の内面観察結果

元素分析
(検出元素:銅、カルシウム、マグネシウム、珪素、臭素、炭素、酸素、窒素)
EPMA定性分析1 EPMA定性分析2
EPMA定性分析3 EPMA定性分析4
分析事例有機分析

FT-IR分析

FT-IR分析
化合物の同定
分子構造・組成の分析

マッピング分析

マッピング分析1 マッピング分析2 マッピング分析3


Copyright(c) Showa Industries Co., Ltd. All rights reserved.